机の散らかっているケアマネは仕事ができない

ケアマネの仕事は膨大な書類を作成します。
あるベテランケアマネが言うには
「帰る時に机の上が散らかっているケアマネは仕事ができない」
と断言していあmす。
クソ忙しいケアマネだからこそ机の上は帰る時には綺麗に片づけてから退社したいものです。

利用者の介護サービス利用計画にかかわる重要な資料がどこかに紛れこんでわからなくなったり、期日に間に合わなくなてしまったりといった大きなミスだけではなく、探し物をしている時間がおおきな作業効率化の弊害になります。
そのgふぇんいんがみんなケアマネの作業する机が散らかっていることから起こるのです。

1日の終わりの退社の時には綺麗に自分机の上を片付ける
そんな小さな習慣が後々大きな差となってくるのです。
誰でも時間に余裕がなくなってくると机の上の空間も亡くなってきます。
おびただしい利用者の介護に関する資料がそれこそすぐに「山のように積まれていってしまいます。
その膨大な書類の中からその利用者に必要な資料をピンポイントで探し出すことは難しいのです。

机の上の状態はまさにそのケアマネの心の状態を表しています。
もうパンク寸前のケアマネの机の上はまさにそれこそパンク状態のカオスの状態です。

机の整理整頓はスキマ時間にコツコツやっておけば、慌てることはありません。
でも、それがついついダラダラとした休憩にしてしまうのです。

ケアマネのあなたの机の上にはたくさんの書類が山積みになっていませんか?
その量がおびただしい量になる前にコツコツと片づけるようにしましょう。
理想は
「すべてのものの定位置を決めて、そこに戻す」
ことを心がけましょう。
この片付けの作業は、すなわちお「翌日の仕事の準備」でもあるのです。
片付けることで段取りがよくなるのです。

忙しい
忙しい
だから机の上なんて片付けていられない
そんあなたは机の上の書類や資料などを探している時間はどれだけかかっていますか?
きっと片付ける時間よりもかかっているはずです。
カイポケ 開業支援 評判

住宅ローンの見直しで繰り上げ返済は得なの?

住宅ローンの見直しで「借り換え」と「繰り上げ返済」があります。
この中で資金に余裕がある方には「繰り上げ返済」という方法もあります。
この繰り上げ返済には「期間圧縮型」と「返済額軽減型」に分かれます。

住宅ローンは通常は毎月(+ボーナス月)返済してゆきます。
これらの返済とは別に元金部分を臨時に返済してしまうのが繰り上げ返済です。
今は銀行もシステムが進んでいて、いつでも好きな時に繰り上げ返済できるところが増えています。
※繰り上げ返済手数料が必要な銀行や一定額以上でないといけない銀行もあります。
繰り上げ返済で元金が減る訳ですからその分その後の支払う利息は支払わなくて済み、トータルの返済額は減少します。

でも、繰り上げ返済で
「期間圧縮型:を選ぶか?
それとも
「返済額軽減型」を選ぶか?
悩むところでもあります。

住宅ローンを早く終わらせるか?
それとも
毎月の返済を返済額を減らしていきたいか?
それは各ご家庭の字用によると思います。
ただカットされる利息の総額は「機関圧縮型」のほうが有利です。
ただし、これは見かけ上だけともいえます。
同じお金利の老い馴染住宅ローンですから、実質的な効果は同じともいえます。
ですので
借り入れ残存期間がまだ長く残っている方なら「期間圧縮型」
毎月の返済額を減らしたい方は「兵再額軽減型」を選ぶのもいいと思います。

しかしこの繰り上げ返済では一定の手続きが必要になります。
特に「フラット35」では100万絵に帖kじゃラ繰り上げ返済ができますが、事前の1か月前までに取り扱い金融機関威申し出る必要があります。
ただ住宅金融支援機構のインターネットサービスを利用すれば10万円単位で一部繰り上げ返済もできます。

一方、一般の金融機関では変動金利型と固定金利型で繰り上げ返済手数料がかなり異なります。
変動金利型は3300円、(期間圧縮型)~5500円(返済額軽減型)と比較的安いのですが
固定金利型は2~3万円程度必要な銀行もあります。
固定金利を利用されている方はある程度まとまった金額位の繰り上げ返済じゃないともったいないです。
住宅ローン 4000万 後悔

ゴミ屋敷女の意識改革|片付け=モノを減らすことと意識すべし

「片付けても片付けてもすぐに部屋がぐちゃぐちゃのゴミ屋敷なる」
「どうせ私印蚊帳付けなんか無理だから」
そんな片付けられないゴミ屋敷女の共通点は
圧倒的にモノが多い
ということなんです。
当たり前です。
モノが多いと片付けがとても大変だからです。
モノ
が少ないと片付けは断然にラクになります。

確かに
「片付けられないからモノが増える」
といいうことも言えなくはないですが
「モノが多いkぁら片付けられない」
というのも紛れもない真実でもあります。

とにかく「モノが多い部屋=ごちゃごちゃと散らかっている部屋(ゴミ屋敷)」といえます。

とにかくスッキリ片付けられている部屋にはあまりモノがありません。
こんなことを言うと
「スッキリした部屋に住んでいる人は片付けが上手んだから全般的に出ているモノが少ないのよ」
という反論もあります。
でも、そんなスッキリと綺麗に片づけられている部屋で暮らしている人ほど
「片付けが苦手だからこそ、モノを少なくしているんです」
という人が多いことも知っておいてください。
ですから
「自称:片付け下手」と認識している人ほど、モノを少なくして片付ける時間を省略することを心がけてください。

モノが少なければ少ないほど片付けが簡単なんです。
わずyかなモノだからこそ
決まった置き場所に戻すことができる
収納するだけでいい
ということが可能なのです。
またモノが少ないと、多少雑然と置かれてたりしまわれたりしていても、あまりゴちゃごcがした印象を与えません。
たとえば床に雑誌が数冊無造作に置かれていても1~3冊程度なら散らかっているy党に目ないのです。
これが10冊以上なら明らかに散らかってい臨床を与えます。
引き出しに70%程度のモノしか入っていなかったら、適当に放り込んでも簡単に収まります。
これが100%以上の牛ギュー詰めの状態ならきちんと整理整頓しないと祖お祖も引き出しの中に収納できませんし、パッと取り出すこともできません。
そもそもその引き出しが閉まらないということもあります。
ひとつモノを出すだけでたちまり散乱してしまいます。
ゴミ屋敷 片付け 京都

離婚裁判の判決確定後は離婚届は10日以内に提出しなさい

いくら元とはいえ夫婦なのに
「原告」と「被告」
という形で離婚の裁判は行われます。
いざ裁判となった時にこのことが精神的なショックを受けるいことも少なくありません。
裁判でいう「原告」とは、訴えたほうのことをいいます。
「被告」とは訴えられたほうを言います。
しかし、これは単なる呼び方だけで、どちらかが悪いというものではありません。
しかし、初めての法廷で自分お名前が
「被告●●●●」
「原告▼▼▼▼▼」と呼ばれることに
もう元には戻れないところまできた・・・
ということを感じると思います。

この離婚裁判では理由もなく欠席すると不利になることもありますので、裁判が開かれる時には必ず出席しなけれなりません。
これも長期化するとかなり精神的なショックや負担も少なくありあm線。

そして、やっと裁判所から判決が下されます。

離婚歳馬の判決は、
原告の請求を認めるか?
その理由についてまとい目られた判決書によって下されます。
原告と被告、どちらかにこの判決が不服かどうか?決断しなければなりあm線。
不服であれば判決が出てから2週間以内に控訴します。
もし控訴しないのであればその判決は確定されて離婚が確定するということになります。
この判決で離婚が成立したのならば10日以内に市区町村役場に離婚届を提出しなければなりません。
その際には
・判決謄本
・判決確定証明書
を添付します。
これらの書類は判決を下した裁判所に申請して交付されますが、裁判で弁護士に依頼している場合は弁護士に公布されます。
本籍地以外の役場に提出する場合は戸籍謄本も必要になります。
で入手できます。

これで夫または妻のどちらかが離婚に応じていなくても離婚は成立します。

今までの長かった離婚を勝ち取るまでの苦労
それを噛みしめながら離婚届を提出することになるでしょう。
しかし、これからが大変なのです。

お互い晴れて他人となってからが第二の人生のスタートの始まりです。
予想しな方tことがこれから起きるかもしれません。
でも、それもあなたが選んだ道なのです。
旦那 なんとなく 怪しい