腰痛持ちだからこそ歩きなさい!痛いから歩かないはダメ

ウォーキングには足腰を強くします。
歩くことで足腰の筋肉を強化し、腰痛への大きな負担となる肥満を解消する効果もあります。

それだけでなくウォーキングには他の大きな効果もあります。
ウォーキング中には「エンドルフィン」という鎮静作用も分泌されます。
さらに自律神経を整える「セロトニン」という脳内物質も分泌されます。
これらは腰痛に直接t歴ではないですが、間接的には効果があります。
さらに日光を浴びることで体内の骨を強くする美tラミンDも体内で生成されます。

このように腰痛にウォーキングには良い影響がたくさんあるのでできるだけ日j教生活の中に取り入れてみてください。

ただ用意痛も痴女方がウォーキングをするにあたっては気と付けたいこともあります。
それは腰に負担をかけない歩き方を心がけることです。
実は自分で足を交互に出同じ力で歩いているつもりでも実際にはどちらかに力が片寄っていることも多いのです。
片方の軸足だけに余分な力が入っていないか注意して歩いてみてください。
そうするとどちらかの軸足に疲労が片寄ってしまうことで腰に負担を与えてしまいます。
これを解消するのに三拍子で歩くことをおすすめします。

強(右足)弱(左足)弱(右足)
強(左足)弱(右足)弱(左足)
という感じです。
三拍子の1拍目の1歩をやや大股で踏み出すイメージで行てください。
体重がかかる足が交互に入れ替わることで歩き方の癖が強制されます。
こうすることでどちらかの軸足だけに偏らないようにすることができます。

腰痛持ちの人はどうしても外出をしなくなります。
それが原因でますます足腰の筋肉が弱っていき、また腰痛もひどくなるという悪循環委なります。

積極的に外出することで歩く機会が増え、それが腰痛の改善にもなるのです。
無理はいけませんが、できるだけ歩くようにしましょう。
最初は辛くても徐々に腰痛が改善されていることにいつか気付くはずです。
腰痛 仕事 休む 伝え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です