自分の資格や肩書をうまく活用する方法

私はこれをしてもいい立場である
私はこれをしていい資格があるサイン作成 アプリ 無料
私はこれをしてもいい能力がある
これを他人に自分を認めさせられるのが資格や肩書きです。
国家試験などに合格して取得できるのが資格ですが、自分自身で考え出すこともできる「専門的な肩書」はいろいろな使い方ができます。
これは絞り込めば絞り込むほどより専門性が高まり、「この分野のことならあの人」という大きなブランディングになります。
またそれは自分の専門的な職域を限定して理解して貰うことによって、自分の不得意なことは断る口実にもできることです。
むしろ今は「資格」よりも「肩書」のほうが効果が大きいともいえます。
なぜならいくら難関資格を主おtくしても、それだけではもはや食えない時代だからです。
その典型的なものが「弁護士」かもしれません。
「食えない弁護士」は世の中にどれだけたくさんいるか?
ご存知でしょうか?

だからこそ、資格取得はあくまでスタートであってゴールではないのです。
そのあたりを理解している弁護士は
・離婚専門の弁護士
・債務整理専門の弁護士
・企業法務専門の弁護士
などうまくブランド戦略を図って、マーケティング戦略を行っているのです。

今はどんな仕事でもブランディング化は必須です。
これがあるとないとでは雲泥の差があります。
それは顧客を自ら集めるか?顧客のほうからお願いしますと言わせるか
180度 立場が変わるのです。
事業を行っている人なら、みんな集客に頭を悩ませています。
それに大変な労力と大きなお金をかけています。
それがお客のほうから「お願いいたします」「買わせてください」と言ってくる夢のような状況なのです。

ただ、このブランディング化は一朝一夕には構築できません。
また、それが刺さる顧客の数は少ないかもしれません。
でも、それだけの価値があるのです。
あなたはどんな資格を有して、それをどんな肩書でまわりの知らしめていますか?
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です